【Satyanamak】ナーシクに行った~その1~

2泊3日でナーシク観光に行ってきた。
ムンバイから車で4時間ほどのナーシクは、マハーラーシュトラ州でムンバイ、プネに続いて
3番目に大きな都市で、ヒンドゥー教の大祭クンブ・メーラーが12年おきに開催されるほか、
ワインの産地として有名。前に住んでいたフラットのオーナーはナーシクに
ワイナリーを持っていて、しょっちゅうムンバイとナーシクを往復していた。
ムンバイとナーシクを結ぶ国道3号線の沿道は雨期ならではの美しい緑の景色。
NH3.jpg
ナーシク中心部、川沿いのお寺が集まる場所にあるガート(沐浴場)は、
いかにもインドなミニ・ヴァラナシという感じの場所だった。
聖なる水で沐浴しに来た人、ただ水辺でボーッとしに来た人、布一枚だけまとった
ヒンドゥー行者、いろんな人々で賑わっていた。
川辺に腰掛けてインド旅行者気分を味わう。
nashik_ghat2.jpg
nashik_ghat.jpg
ガートのそばには野菜市場が出ていて、ムンバイの半値以下の価格で新鮮野菜が
たくさん売られていた。
nashikyasai.jpg
(次回ワイナリー編に続く)

Leave a Reply