あけまして謹賀新猫

年明けて四日に、松本城下からサバ虎がやってきた。
生後三カ月ほどのオス。
野良出身なので白い部分が薄汚れてはいるが、
お医者さんに見てもらったところ虫などもおらず、
一度シャンプーしてやれば、焼きたてふっかふかの猫になりそうだ。
バルンくん、と我が家の六歳児が命名した。

これがネタ元、こもりまこと作『バルンくん』。一度図書館で借りて読んだきりだが、大好きな古めかしい車が出てくるので気に入っていたのだろう。

これがネタ元、こもりまこと作『バルンくん』。一度図書館で借りて読んだきりだが、大好きな古めかしい車が出てくるので気に入っていたのだろう。

穏やかな冬の陽射しでひなたぼっこ、こたつも大のお気に入り、
悠々自適の老後を過ごしていた春ちゃんにはまたまた大波乱。
もぉいい加減にしてやー、とばかり羽根布団に抗議のおしっこ攻撃。
おかげさまで、この日本には羽根布団が洗えるコインランドリーなんて
便利なものがあるとお勉強しました。

………!

………!


だ、誰よアンタ……?

だ、誰よアンタ……?

最初の晩は新入りを猫用キャリーバッグに入れたうえ、
我々の寝る部屋の押入に入れて寝た。
次の日は部屋の一角にアミアミの敷居を立て、
そこに段ボール製トイレとご飯、古セーターを敷いたバスケットを置いて、
春ちゃんと隔絶した子猫用の居場所とした。
お春さんはその部屋に寄りつかなくなり、
バルンはいまだに自分から積極的にはその部屋から出てこない。

敷居を飛び越えて部屋中を遊びまわるようになったので、
三日後には敷居も取ってしまった。
五日目ぐらいになってようやく、春ちゃん先輩が新入りの様子を見に
部屋を訪ねてくるようになった。
顔を合わせれば唸り合い、威嚇の応酬。
バルンくんはきちんと新顔の分をわきまえているのか、
自分から食ってかかるようなことはなく、売られた喧嘩を買う程度。
春ちゃんもちょっと威嚇したら自分から去っていくので、
もみくちゃの大乱闘にはならない。家内安全。
冷戦状態なので、ヒト科が全員出かけてもたぶん大丈夫だ。

image

なにしろ子どもなので、いつも遊んでいる。
落ちている猫砂ひと粒を追って転げ回る、室内履きを攻撃する、
カーテンを襲う、テーブルクロスを落とす、
わたしの髪に食いつく、毛糸の帽子に噛みつく……
そんな仔猫を静観するお春さんの、
「なぁんであんなことして面白いのかねェー」という気持ち、
幼児と暮らすわたしも心から共感する。

緊張感、興奮、好奇心、怖れ、喜び、すべて全身に表れる。すぐじゃれついてくるからいい写真が全然とれない。

緊張感、興奮、好奇心、怖れ、喜び、すべて全身に表れる。すぐじゃれついてくるからいい写真が全然とれない。

初めて鏡を見たときの驚きったらなかった。
顔を上げたら突如、至近距離の鏡のなかに自分の姿を見てしまい、
とっさにフゥッ、シャァーーーーッと全力で威嚇、
弾丸のように逃げ去って行った。

今日でちょうど一週間。
お春さんがようやく少し慣れ、部屋から出てこないバルンを訪ねて行き、
横になるバルンとつかず離れずの距離に落ち着いてじっとしている。
バルンが春ちゃんの尻尾に鼻を近づけるというガキくさい愚挙に出ると、
年上の女の迫力ある威嚇が出るが、おおむね静かに離れて座っている。
沈黙が二人の距離を近づけてくれているのだろうか。

あと何日かしたら、春ちゃんとバルンくんが仲良くくっついて
グルーミングしたり眠ったりする姿が見られるかなぁ。

にらまないでくださいよ〜先輩!

にらまないでくださいよ〜先輩!

【ようやく撮れた新顔写真、追加で載せておきます】

image

8 Responses

  1. ななこさん 2015年1月12日 at 11:07 AM | | Reply

    バルンくん、なかなか品のある顔つきですねえ。
    春ちゃんとバルンくんの微妙な距離(テーブルの下の写真)が
    何とも可愛いし、可笑しいですね。
    これからどんな関係のふたり(二匹)になるのか楽しみです。
    バルンくんはゴンちゃんと共に成長していくのね。
    一人と一匹の成長の過程も、とっても楽しみです!

    1. motiDD 2015年1月13日 at 3:01 AM | | Reply

      顔をお褒めいただきありがとうございます(-: 県保健所の「里親募集」ウェブサイトで見たお見合い写真が可愛かったので、近所にもっといい条件の仔猫がいたにも関わらず、高速利用で一時間もかかる松本の、性別もわからなかった野良出身のこの子に決めてしまいました。ゴンさんは、バタバタとうるさい行動が臆病な仔猫に恐れられてしまい、ゴンさんが現れるとサササッと逃げてしまうので傷心のようです。インドにいたときから仔猫と遊ぶのを楽しみにしていたゴンなので、早く慣れてほしいのですが……

  2. みみ 2015年1月12日 at 5:27 PM | | Reply

    いよいよニューフェイス登場ですね。
    まあ最初からうまくはいかないよね、でもだんだん慣れていくでしょう。
    寒い季節でもあるし、仲良く猫団子になってくれる日を待ちましょう。
    ゴンちゃんも、子猫相手なら遊び相手に不足無し?
    バルンくんかあ、良い名前だね。

    1. motiDD 2015年1月13日 at 3:16 AM | | Reply

      はい〜来ました! そうなんです、寒いのに、お春は私の布団のなか、バルンは一人で寒い部屋にいるのが毎晩つらくて……昨日やっと、お春さんがバルンを三、四ペロなめてあげることに成功したのですが、いままで威嚇されてた記憶がバルンを唸らせ、その唸りでお春もキレて……というような悲しい展開になってます。少し慣れたと思ったら、今朝はお春さんが、客用の一番上等な羽根布団をくさーーいおしっこでビショビショにしたあとに掘って隠そうとする音で目覚めました(掘っても隠せないし…)……Gさんが昨夜おねしょで濡らしたから彼の布団を洗濯している間の臨時布団だったのに……キツイっす(涙)。

  3. Arsiwalasan 2015年1月13日 at 10:34 PM | | Reply

    がわいいいい〜!がわいすぎる!!!
    肉球がまた…たまんねぇ〜
    サバ虎でも色が濃くっていいね。お顔もハンサムだし、
    洋混なフサフサ感がまた…かなりかっこいい子になりそう。
    それにしても春ちゃん、けっこう困惑気味だねえ。
    二匹の距離を縮めるにはどうしたらいいんだあ。
    遠くから見守ってます。がんばれ春ちゃん!

    1. motiDD 2015年1月14日 at 1:21 PM | | Reply

      ふっふっふ。そーじゃろー。やっぱ肉球がはいんないと、仔猫のしゃぶりつきたくなるような魅力は出ないと思い、膝に確保して仰向けで撮りました〜。早く仲良くなってほしいし、お春さんのおしっこ攻撃にも参りましたが、いまの二匹の微妙な距離感も、けっこう見てて面白くなってきた。最初は怒ってた春ちゃんが、いまはなんとなく自分から近寄っていって、でも接触はしない距離を保ってじっとそばにいる。最初はケンカから入って恋愛関係に変わる、(一昔前の)ヒンディー映画の世界? どーぞ本物を触りにきてちょーだい! シャム猫さんも待ち遠しいねぇ〜〜〜

  4. tomayan 2015年1月18日 at 9:51 PM | | Reply

    おふたりさん、距離感ちぢまりつつあるのだねぇ。
    よかった(^^)

Leave a Reply to みみ Click here to cancel reply.