ムンバイメトロに乗ってみた

ずいぶん前からムンバイ郊外の道路をボコボコのギタギタにしながら
延々と工事が進められていたムンバイメトロ。
全線高架でムンバイ郊外の東西交通を担う期待の新交通機関である。
何と言ってもドア開けっ放しで走る従来のムンバイローカル電車とは違って、
ちゃんとドアが閉まってエアコンが効いているところがすごい。
今年に入って試運転を盛んに行っている様子を見かけていたが、とうとう6月に営業開始。
数週間経ち、そろそろ新し物好きムンバイ人も落ち着いた頃ではないかと、
日曜日に電車大好きゴンさんとオートリクシャで始発駅まで出かけ、乗りに行ってみたが……

metro4
やはりここはムンバイ。乗ってからしばらくは写真どころではないほどの混雑だった。
日曜日は子供無料キャンペーン中ということで、子供がたくさん乗っていた。
車窓からの風景は、まったく真新しい高層マンション群もあれば、
小高い丘にびっしりと小さい家屋が並ぶスラム街も見えた。

metro2

車庫に向かう分岐と建築中の高層マンション群

metro5

「Dhoom:3」のオートリクシャチェイスのシーンを思わせる

往復切符を買っていたので、終点のガートコーパル駅まで行ってから
反対方向の電車に乗り換え、帰宅に便利なウェスタンハイウェイ駅で下車。

metro7
こんなモダンなメトロに乗った後は、駅前で待っていた昔ながらの牛車で帰宅。

metro9
……というのは冗談で、またオートリクシャに乗って帰った。
でも最新鋭のメトロの駅前にのどかな牛車がたたずむ光景は
今のムンバイらしくておかしかった。
自宅を出て全行程合わせて2時間足らずで帰宅。
あまりに早くてMotiDDがびっくりしていた。

Leave a Reply